日銀の介入思惑を予想し底固いドル

ミスター円の日銀総裁の一ドル80円を実行為替レートを基調に推移するとの発言を受け、思惑買いが入り一気に円高へと進むかと思われた円ドル相場ですが、底堅く100円台をキープしながら推移しています。基本的に輸出産業でGNPを稼いでいる日本と内需でも経済が成り立つアメリカとでは自国の通貨の上下に温度差があるようで、これまで急激な円高ドル安になるたびに日銀とアメリカ中央銀行の協調介入が入り、双方の思惑に適う水準に押し戻された経緯があるので、投資家も思い切った
取引はしにくいのではないでしょうか。
アメリカ経済の不景気と日本経済の好景気のギャップからある程度は
円高ドル安になるものの結局、為替レートを決定する投資家の思惑が
最終的に反映され、一ドル100円以上の円高は不都合との市場モードから今後も底堅く安定的に推移するものと思われます。
4〜6月期の決算期に伴い投機筋が動き出しますので,手持ち証券の決済のため,急激なドル安になる可能性もあるので,ポジションは気をつける必要があると思います。
|Home|

tv/ヘッドフォンお笑いPVイヤホン MP3 スピーカー カメラ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。