FX(外国為替取引)注文の仕方

成行
指値
逆指値

FXの取引をする際に取引画面に通貨の相場値とともに「成行」「指値」「逆指値」という注文方法が表示されます。

「成行注文」は、レートを指定せずに注文する方法。

「指値注文」は、買いたい(売りたい)レートを指定して注文する方法。

「逆指値注文」は、利益を確定、損失を限定するための注文する方法です。

では具体的にどのようなシーンで使い分けするのでしょうか?

注文方法 特徴 メリット デメリット
成行 スピーディーに確実に取引ができる<方法 確実に売り買いの注文が成立する 値段を指定しない取引のため取引後に取引額が分かる。
指値 取引額を指定できる方法 任意の取引額で取引できる レートが指定の額にならないと取引が成立しない
逆指値 不利なレートで指値を入れる方法 損失の拡大を確実に止められる。相場のトレンドにうまく乗りやすい 指値に達した瞬間、売買が成立してしまう


ダブルサイン表示
このエントリーポイントが相場を剥ぎ取る!
相場観を誤らない為の視覚的表示と、エントリータイミングを教えてくれるサイン表示、更に、相場の強気を示す合図のニコサインがあったら あなたのトレードがどれだけ精神的に負担が少なくなりFXが楽しいものになるかを想像してみて下さい。
続きを読む▼
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/105318455
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
|Home|

tv/ヘッドフォンお笑いPVイヤホン MP3 スピーカー カメラ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。