ポジションとは?

FX(外国為替取引)では良くポジションという用語が良く使われます。

良く知られるように一般的な日本語訳では位置ですが、FX的には
「持ち高」と訳され、新しく取引を約定してその通貨を売らずに持っている状態のことを指します。

このポジションに「買いポジション」「売りポジション」の2とおりのポジションがあり、最初に運用をスタートする際に通貨を購入した場合は「買いポジション」、通貨を売った場合は「売りポジション」といいます。

買いポジション」は例えば$1000の買いポジションを持っているなどのように自国の通貨で他国の通貨を買った時に使われます。これは良く知られた概念でしょう。

FXでは、通貨を持っていない状態でも、「外貨を売る」ことができます。日本円しか所有して無い人でも「$1000を売っている状況」というものが作れるわけです。このように通貨を売っている状態のことも、やはり「売りポジションを持っている」といいます。

例えば、現在の相場から円が安くなると予想できるならドルを買いそれからドルを売る、または、円が高くなると予想できるなら、ドルを売り、それから円を買い戻せば、それぞれ差益の利益を得る事が出来ます。
このようにポジションというのは一般に馴染みの無い「買い」と
「売り」の双方の状態を明確に区分するためのFX的な専門用語です。

また、買いのことを「ロング」
売りのことを「ショート」
という言い方もします。
ダブルサイン表示
このエントリーポイントが相場を剥ぎ取る!
相場観を誤らない為の視覚的表示と、エントリータイミングを教えてくれるサイン表示、更に、相場の強気を示す合図のニコサインがあったら あなたのトレードがどれだけ精神的に負担が少なくなりFXが楽しいものになるかを想像してみて下さい。
続きを読む▼
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/105447136
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
|Home|

tv/ヘッドフォンお笑いPVイヤホン MP3 スピーカー カメラ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。