長期投資でスワップ差を生かして勝つ!

FXでは特に短期の取引、高リバレッジの取引になるほど損失を受ける
可能性があります。その反対に、スワップ狙いのトレードや低リバレッジの取引ほど損失を受ける可能性が低くなりますね。

今、話題の豪ドルやトルコリラなども場合によってはスワップポイント
もふっとばすような暴落が起きたら、スワップ益などふっとんでしまいます。

しかし、例えば一万通貨ほど豪ドルを買ったとして(90円で計算した場合)スワップポイントは金利分の10%を加算して9万円の金利が付きます。

ただしこのスワップポイントは、82円まで下落するとスワップ益がなくなるので、そんな暴落が起きたらパーですが、豪州のように経済の
成熟した国では極端な暴落(50%とかの)はおきにくいし、仮に
30%程度の急落が起きても数年で平均的なレートに回復します。
ずっと保有していれば、必ずドル高となるときが来ます。

ただし、レバレッジをかけすぎていると、ロスカットということもありえますので、低レバレッジで運用する、追加証拠金を用意しておく、ストップロスの設定は必ずかけておく、など注意することはあります。

そうした、現状を踏まえて、安全だといわれる、2倍のリバレッジを
豪ドルやNZドルにかけます。このポジションを取る場合のレートは出来るだけ低い方が良いので長期スパンのレート表から通貨の底値を推定してその辺でロングしましょう。

個人的には例えば、10年スパンとかで底値を区切り、10年というスパンでの底値をスパン数分加算してスパン数分割ると、通貨の潜在的な底値の平均値が割り出せると思います。

豪ドル&低レバ(2倍限定)のような投資方法だと長期保有すればその内レートも回復するので一時的に下がっても泰然と待っておけば勝てますよ!
ダブルサイン表示
このエントリーポイントが相場を剥ぎ取る!
相場観を誤らない為の視覚的表示と、エントリータイミングを教えてくれるサイン表示、更に、相場の強気を示す合図のニコサインがあったら あなたのトレードがどれだけ精神的に負担が少なくなりFXが楽しいものになるかを想像してみて下さい。
続きを読む▼
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106073846
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
|Home|

tv/ヘッドフォンお笑いPVイヤホン MP3 スピーカー カメラ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。