相場を左右する参加者の種類

為替相場は大きく分けて3通りの参加者によって毎日動いています。

一つは実需、もう一つは投機、もう一つは介入。

実需取引とは例えば石油や、鉄鋼、小麦などドル建ての貿易取引の
支払いのためのドル買い、のような実際の経済活動の必要に迫られて行う取引です。

そして投機取引とは為替差益を狙い売買を繰り返すものです。
もちろん、私達がしているFXも投機取引です。

介入とは、日銀やFRBなどが自国にとって不都合と判断した水準に通貨レートが変動した際に巨額の資金を市場に投入する事で為替レートを
思惑のレートに近づける事です。

実需に関わるのは
貿易取引会社、輸出企業、輸入企業、銀行

投機に関わるのは
ヘッジファンド
政府系ファンド
個人投資家

介入に関わるのは
中央銀行

投機に関わる参加者は実需の動向を探り、市場の展開を予想します。
この投機の割合は全体の取引量の8割〜9割を占めるといわれています。

このように投機者の割合がとても多いため、いくら金利が下がろうと、各指標が悪く発表されていても多くの投機者がその通貨を買えばその通貨の価値は一時的に上がっていきます。
一時的な通貨変動をつかさどるのは金利や指標ではなくこうした市場参加者です。

ですが、一方で実需の需要、または金利差や指標などに影響され、市場ムードが通貨を一時的に下げようと上げようとファンダメンタル面により通貨が押し戻されていきます。

それに加え、投機者は利益を確定するために反対取引をしますから、結局、長期的にはファンダメンタルな面よりに通貨レートは収斂します。

ですから、短期取引をするなら為替ニュースや介入のニュースなどの
細かい情報を得て投機者の心理を把握する事が非常に大切です。

逆に長期的に取引をするならファンダメンタルな解析をしっかりやって
各指標や金利差と通貨の変動具合を比較しておけばいいでしょう。

↓ぜひ応援お願いいたします。
⇒為替ブログ


タグ:FX講座
ダブルサイン表示
このエントリーポイントが相場を剥ぎ取る!
相場観を誤らない為の視覚的表示と、エントリータイミングを教えてくれるサイン表示、更に、相場の強気を示す合図のニコサインがあったら あなたのトレードがどれだけ精神的に負担が少なくなりFXが楽しいものになるかを想像してみて下さい。
続きを読む▼
この記事へのコメント
相互リンク有難うございます!
こちらもリンクさせて頂きますね。
今後とも宜しくお願い致します。
Posted by at 2008年09月20日 19:00
こんばんわ。
■口座残高振切れ中!リアル金持ちが金儲け■管理人・裕福です。

この度は相互リンクのお誘いありがとうございます。
当ブログにもリンクを張らせていただきましたのでご確認ください。

今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by 裕福 at 2008年09月23日 01:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106861950
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
|Home|

tv/ヘッドフォンお笑いPVイヤホン MP3 スピーカー カメラ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。