外国為替取引の種類-FX(ディトレ)について

FXで勝つ上で重要なポイントは、リスクヘッジ(危機回避)コントロール
をあらかじめ設定しておく事と、自分の知識、経験、理解の及ぶ範囲で取引を
する事と、ギャンブル的な不確定な要因を排除して期待値を得る事にあります。

FX以外でお金を賭けて金銭を増やすギャンブルは、パチンコ、スロット、競馬
宝くじなど多々ありますけど、どのギャンブルも胴元が寺銭を何割も取っているため長期的には負けるようになっています。
しかし、FXだと、寺銭=手数料はゼロの業者もあります。さらに、
勝敗を決定する要因が人為的なものによらず、データや統計で予測可能なので、FXで儲ける事は運任せの博打ではなく、自分でコントロール可能な投資になります。

FXで勝つということは安く買って高く売るかということと同じ意味です。
要は、実際の通貨価値より安くなったら買い、高くなったら売るという事の
見極めが出来ればいいのです。
では、じゃあ今の通貨価値が本来の実力より高いか安いかどうやって判断するのかという疑問に行き着くわけですが、例えば、インドのルピー、中国元、ブラジルのレアル、などNEIZに次ぐと言われる中進国の通貨相場を上げ相場と
大まかに見切り大幅に買い上げ青田買いしておくか、先進国の中で不況が長く
続き通貨が大幅に下落した国の通貨を買い好景気を待って通貨買っておくか
といった上げ気配を掴む事が肝心です。
上げ気配というよりは、底辺を底打ちしたと思われる国の通貨を買い底辺より
徐々に上向きつつある通貨を買う方が底打ちかどうか判断が難しいので無難でしょう。


外国為替とは

外国為替というのは、国家間で取引される通貨の価値の上下の事を指します。
基本的に、通貨価値というのはその国の貿易の競争力などによって主に定まります。つまり、その国の製品の人気が高いほどその国の通貨は高くなるといえます。外国為替で個人投資家がチェックするポイントは、まさにそこです。
国際競争力を伸ばしそうな国の通貨を前もって買っておき、天井近くで売りさばく事が一つのポイントです。

外国為替の投資では、ネットを利用した証拠金取引(リバレッジ)が特に有効で、この制度は証券会社にお金を預けておいて、そのお金を投資家が指定する
倍率(大体20倍まで)に預けたお金を倍化させ為替取引をするという制度です。
例えば、リバレッジで10万円投資して、5倍に倍率を設定すると50万円
投資したと仮定して取引が出来ます、1$=110円で50万円分ドル(4545$)に交換してして、円安で1$=115円になってからドルを売却したら、122727円になって返ってきます。

ただ、この取引は証拠金取引とあるように、その初期に預けた金額の価値が
為替の変動によって目減りすると、預けたお金が消えてしまいます。
5倍に設定した例で言えば、50万円にリバレッジしたお金が40万円になると
初期に投資したお金10万円が返ってきません。為替変動に変換すれば、1$=110円でドルを購入したとして、1$=88円で初期投資金額が吹き飛んでしまう計算です。
倍率を高く設定すればするほどリターンもリスクも高くなります。
ですが上手く変動の法則を見抜いたり、上げ気配をつかめれば非常に魅力的な
投資方法になりえます。
|Home|

tv/ヘッドフォンお笑いPVイヤホン MP3 スピーカー カメラ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。