トレイダーズFXが事業休止 - 低すぎるスプレッドが原因?

9月9日にトレーダーズFXが事業の休止を発表しました。トレーダーズFXは業界最高水準でのスプレッドにてサービスの提供をうたい、ドル円に関しては0銭のスプレッドが売りでした。手数料は既存のFX会社にならい無料でしたからドル円に絞って取引すれば0円で取引ができてしまいます。

そのため、低スプレッドで取引ができるという事でプロのトレーダーなどから人気を得て営業開始からわずか2ヶ月間でメジャーなFX会社の仲間入りを果たした感がありました。

ドル円以外では一応ある程度のスプレッドは掛かるのでドル円以外の
通貨を取引してくれれば一応の利益確保の目処は立つはずですが、
新規の口座開設者のほとんどが最初から0円で取引できるドル円に絞って取引をされたため、営業が立ち行かなくなったようです。

スーパーの特売セールをやって特売品しか買わない主婦ばかりだったので店が潰れちゃったという感じですね。

とはいえ会社が倒産したわけではなくポジションの決済は可能で信託制度を採用しているので顧客の資産の返還は問題ないようです。
破綻する前にこうして早めに手を打ってくれると不幸中の幸いですね。
低すぎるスプレッドは顧客とFX会社双方とも諸刃の刃のようです。

競争の激しいFX会社の破綻は今後も起こりそうなので信託保全のある
信頼の置けるFX会社を選びたいところですね。

FX口座の信頼感・安定感で選ぶならセントラル短資FXがスワップポイントNO1でオススメ!
セントラル短資FXはJavaの最新技術で管理画面が提供されておりサクサク取引が可能で使いやすい上、各通貨のスワップポイントも業界最高レベルとお勧めですよ0^−^)。

↓記事が役立ったと思う方はぜひ応援お願いいたします。
⇒為替ブログ

トレンドに乗る

突然ですがトレンドって聞いた事がありますよね?
一般には流行、潮流、傾向などを表現する言葉ですが、外国為替取引(FX)では為替市場の上昇、下降の波(調子)を表現する言葉として使われています。

この一定の方向性を為替用語ではトレンドと呼び下降トレンドを避ける、上昇トレンドに乗るなどという風に使われます。

そして底値からの反転を期待して下降のトレンドの通貨に投資することを逆張りと呼び、上昇のトレンドの通貨がさらに伸びる事を期待して投資する事を順張りと呼びます。
逆張りは高度な相場観が求めれれるため、上昇トレンドに乗る順張りが基本です。

為替相場で利益を上げるためにはこのトレンドを読む力が一番重要です。

長期的なトレンドはその国のGNP、貿易収支などの経済力に依存し、短期トレンドは景気、事件等により変動します。

外国為替取引(FX)の基本は安く買って高く売る事です。
潜在的に成長する見込みのある国の通貨は上昇トレンドにあり
まさにこの基本に当てはまります。
テクニカ分析の知識を要する短期トレンドを読む事は難しくてもこれから経済成長が期待できる国を予測する事は一流の経済アナリストの解説を参考にすればいいので比較的容易でしょう。

逆に言えば、上がりきってから投資しても時すでに遅しで経済が成熟しきった国に投資するうまみは少ないでしょう。

ユーロ(EURO)の特徴

ユーロ(EURO)は1999年に導入された新しい通貨で、欧州連合(EU)の
通貨でありドルに次ぐ基軸通貨として国際的に認められている取引量第二位の通貨です。
欧州連合に所属するイギリスはいまだ自国通貨のポンドを流通させていますが、ユーロの成功を見届けてから参加をするという態度を取っているため、国際的なユーロの信頼性を鑑みれば近い将来ユーロを導入する可能性が高いといえるでしょう。

FX的には、ドルに対して逃避通貨的な立場を取っておりドルが不安材料から売られるとユーロが買われるようです。また軒並み高金利で、ユーロ経済自体も右肩上がりを続けているため長期的な投資に向いています。

米(USドル)ドルの特徴

米ドル(USD)は、欧州連合(EU)のユーロ(EURO)と並ぶ国際通貨(キー・カレンシー)です。その信頼性の高さからテロや紛争などが起こるとドルが買われる事を有事のドル買いと呼ばれています。

続きを読む

通貨を上下させる要素-株価-

株価の上下は通貨価値の変動と密接な関係を持っています。
株価とは景気の動向を示す先行指数的な意味合いで使用されているとおり、株価の上下がその国の景気の調子を表すものと考えられているため、投資家は外貨を購入する際に、株価をチェックします。

続きを読む
|Home|

tv/ヘッドフォンお笑いPVイヤホン MP3 スピーカー カメラ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。