南アフリカランド円(ZAR/JPY)の特徴

南アフリカランド円(ZAR/JPY)はスワップ派の人に豪ドル円と同様大変注目されています。
なぜ比較的マイナーな通貨南アフリカランドが注目されているかというとその金利高に理由があります。
南アフリカ共和国の通貨ランド(ZAR)は、8月現在政策金利12.00%の高金利通貨です。
(2003年にはなんと13.5%もあり、いったん2006年に7%まで下げ最近徐々に金利が上がってきました)

日本の金利が0.5%、アメリカの金利が2%ですからいかに高金利か分かりますよね。

為替相場チャートを見ればわかるように南アフリカランドは14円台と安く、多くのFX会社では10万通貨単位の取引となります。

南アフリカランド円は数週間で3円近い値幅の激しい変動がザラにあります。スワップ的な観点からは一年で14円から20円と非常に激しく動くため、大きなポジションやリバレッジはとりにくいでしょう。スワップ狙いなら低リバレッジでリスクコントロールするなどのケアが必要でしょう。

このように南アフリカランド円はそのレートの安さと変動幅の大きさから本来ならディトレードやスイングトレードなどの
短期トレードにも向いた通貨といえます。

とはいえ、豪ドルやUSドルなどと比べると数倍の高金利なのでスワップ金利も捨てがたい所です。
なので、14円台で買いポジションを持ち19円台でスワップを取りつつポジションを決済するなどのように中期的なトレードとスワップ狙いをミックスしたようなスタンスを取ると良いでしょう。
|Home|

tv/ヘッドフォンお笑いPVイヤホン MP3 スピーカー カメラ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。