スワップ狙いの裏技

スワップ狙いの取引では低レバレッジをかけて長期間スワップ金利を得ている限り少々の為替変動による損失リスクを薄められる安定性の高さに大きな魅力があります。

しかしながら相場に「絶対」ないという事はなくて豪ドルやNZドルのように安定性の高いといわれる国の通貨でも大幅な為替レートの下落が生じればスワップ金利が消し飛ぶ可能性も十分あります。

安定性の高さが売りの豪ドルだけみても、6年と数ヶ月のうちにで55円から107円まで実に2倍近く通貨レートが上昇したので当然その逆に下がる事も予想できます。

当然、豪州に密接に関係しているNZドルの通貨を運用してもそうしたリスクは一蓮托生で回避できるものではありません。 スワップを狙いの鉄則に安定性の高い高金利通貨を長期保有すること、低レバレッジで為替変動のリスクを回避する事とレンジ相場の底値でポジションを持つ事等が一般に良く知られています。

更に、もうひとつ有効なリスク回避のテクニックがあります。
それは複数の逆相関の関係にある通貨ペアを複数ロングする事です。逆相関の関係にある通貨ペアというのは「一方の通貨ペアが上昇したら一方は下がる」というような反対のレートの動き方をする通貨ペア」の事を指します。
先ほど、豪ドルとNZドルの例を挙げましたが、これは順相関でリスク回避には成りえません。ですので、例えば豪ドルをポジション運用しているなら、ランド円、またはUSドル円が逆相関の関係になります。以下参考図

豪ドル円
豪ドル/円のレート
ランド円
ランド/円のレート
USドル円
US/ドル円のレート
ユーロ円
ユーロ/円のレート


スワップ投資をするなら国内大手のセントラル短資FXがお勧めです。
セントラル短資FXはJavaの最新技術で管理画面が提供されておりサクサク取引が可能で使いやすい上、スワップポイントも高いのでお勧めですよ0^−^)。

|Home|

tv/ヘッドフォンお笑いPVイヤホン MP3 スピーカー カメラ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。