パラボリック

 
WS001292.JPG

パラボリックとは、SAR(Stop And Reverse)という2本の放物線状の線で売買シグナルを判断します。 上昇するSARと価格が交差した時点が売りサイン、下降するSARと価格が交差した時点が買いサインとなります。

ストキャスティクス

相場の過熱感をあらわす指標

ストキャスティクスは「%K」「%D」の2本の線で作成され、相場が
売られすぎ、買われすぎといった相場の過熱感をあらわします。

大体、80%以上で買われすぎ、20%以下で売られすぎという風にみられます。この判断の基準は人それぞれで、85%、15%とか、75%、25%とかを基準にしている人もいます。

「%K」が「%D」を20%以下の場所で上に突き抜けたら買い
「%K」が「%D」を80%以上の場所で下に突き抜けたら売り


私はこのストキャスティクスとボリンジャーバンドを組み合わせて短期の取引の指標にしてます。
ボリンジャーバンドもストキャスティクスもレンジ相場を対象としたテクニカル指標なので、BOXを突き抜けたり底抜けたら早めに損きりをする事でトータルでは浮いてくると思います。

ぜひ応援よろしくお願いします↓
⇒為替ブログ

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドというのは移動平均線を中心に上下に2本づつの線が入り合計で4本の線を形成するものです。
これを作成するとボリンジャーバンドが狭いときは値動きが少ない時、広いときは大きく値が動いている時と一目で分かります。
参考図↓
WS001289.JPG

また、この大外の2本の線の中でレートが変動する確率が約95%という事実を利用して値動きを予想します。ですから、ボリンジャーバンドが非常に有効なのはレンジ相場になっている時です。

また、約95%でレートが線で囲われた枠内を上下するわけですから、次のように考えられます。

約95%で枠内を動くわけですから枠内で反転する確率はかなり高いといえるでしょう。
ボリンジャーバンドの上部の線にローソクの足が触れたらそこが天井で
売りサイン、下部の線にローソクの足が触れたらそこが底値で買いサインと読めます。

もし急騰や急落に見舞われてローソクの足がボリンジャーバンドを突き抜けたらどう考えるのでしょうか?

基本的にローソク足はボリンジャーバンド内を上下するので、そうした例外が起きた場合はすぐ反転するという見方と、ボリンジャーバンドを突き抜けたらもはやそこはボリジャーバンドで予想できるレンジ相場ではないので即座に損きりをするべきという見方の2通りの見方があります。

確かに実際の相場では「テクニカルでは反転のサインが出たが一気に
突き抜けてそこからレンジ相場を形成した」という事が往々起こります。

ボリンジャーバンドで狭い枠内(値動きが少ない)で値が動いて急激に
値が動いた時にそのような現象が起きやすいようです。
だから、枠内が狭い時に急激に値が動いたらしばらくは様子を見たほうが良いようです。

↓ぜひ応援お願いいたします。
⇒為替ブログ
|Home|

tv/ヘッドフォンお笑いPVイヤホン MP3 スピーカー カメラ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。